ホーム>お知らせ  

佐久間病院 ミニ講座

 

災害で命を落とさないために

 
 講座画像  
 

 東日本大震災から8年、その後も私たちの想像を超えた災害が日本国内で起こり、そのたびに多くの犠牲者が出ています。東日本大震災では被災地全体で65歳以上の高齢者の死亡率が約6割、障害者の死亡率は被災住民全体の死亡率の約2倍だったと言われています。

 現在、佐久間町の高齢化率は約60%、また約200人の方が介護保険の認定を受けて自宅で過ごされています。

 今回のミニ講座では、災害によって命を落とさないために、私たちの地域でどんな準備や心構えが必要かお伝えします。ご家族、ご近所お誘いあわせの上ご参加いただき、一緒に考えてみましょう。

開催場所・時間

  1. 2019年4月 10日(水)浦川診療所 待合室
  2. 2019年4月 17日(水)山香ふれあいセンター
  3. 2019年4月 24日(水)城西ふれあいセンター
  4. 2019年5月 8日(水)佐久間病院 研修室

いずれも水曜日 午後7時〜8時

講師

佐久間病院   院長 三枝 智宏 医師

ホームへ戻る