ホーム>部門紹介>医療技術グループ>レントゲン室>一般撮影検査  

一般撮影検査

 
 一般撮影装置  
 
 

※X線を使用して行う検査です。

 

各装置は電動でゆっくりと上下に動き、手すりがついているため高齢者の方、お体の不自由な方でも安全に検査を受けられます。

 

一般撮影検査とは

エックス線を診たい部分にあてて、身体を通過した情報から疾患や骨折の有無を調べる検査です。検査部位によって姿勢(立位・臥位)や体の向きが異なります。また、より良い画像を撮影するために息止めの合図をすることがあります。

検査にかかる時間

部位によって異なりますが、ひとつの部位の撮影に要する時間は数分です。診たい部位が多くなるほど、検査時間も増えます。
身体の静止と呼吸を止めていただく時間は数秒です。詳しく診たい場合の撮影は、いろいろな角度で撮影するため、検査時間が10分〜20分程度かかる場合があります。

検査の注意点

禁忌事項

  1. 妊娠中または妊娠している可能性がある場合は必ず事前にお知らせ下さい。

検査前

  1. 部位によって脱衣または更衣をお願いする場合があります。着替えやすい服装でお越し下さい。
  2. 診断の障害となるもの(湿布、ネックレス、ボタン、入歯等)を外していただくことがあります。

検査中

  1. 呼吸と身体の静止の指示(合図)に従って下さい。
  2. 撮影方法により体位(姿勢、体の向き)をとるため身体に触れる場合があります。また、疼痛のある場合は事前にお知らせ下さい。

検査後

  1. 検査終了後、特に注意していただくことはありませんが、他の検査がある場合の注意点(飲食、排尿等)をご確認下さい。
  2. 検査前に外した所持品や診察券などを忘れないようにご注意下さい。

参考文献
放射線検査説明に関するガイドライン;公益社団法人 日本診療放射線技師会

レントゲン室へ戻る