ホーム>部門紹介>医療技術グループ>レントゲン室>無散瞳眼底撮影検査  

無散瞳眼底撮影検査

 
 眼底撮影装置  
 
 

X線を使用しない検査なので被ばくの心配はありません。

 

無散瞳眼底撮影検査とは

散瞳薬を使用せず眼底撮影する検査です。

眼底は人体で直接血管を観察できる特殊な部位であり、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの患者さんにおいて病変の現状や過去の経過をある程度把握することができます。

また緑内障の早期発見にも有用です。

レントゲン室へ戻る