ホーム>部門紹介>医療技術グループ>レントゲン室>X線TV検査  

X線TV検査

 
 X線TV検査装置  
 

※X線を使用して行う検査です。

当院のX線TV装置は寝台が低く下がるため、高齢者の方でも安全に乗り降りすることが可能です。また手すりが滑りにくい構造となっていますので握力の弱い高齢者の方でも安全に検査を受けられます。

X線TV検査とは

X線TV検査は、食道と胃、十二指腸を検査する上部消化管検査(胃透視)と大腸の入り口から肛門近くの直腸までを検査する下部消化管(注腸)に分けられます。どちらの検査でも造影剤 (バリウム)を胃や腸の壁に付着させ、空気を入れることで風船のようにふくらませた消化管の内側の壁のこまかい状態を観察し撮影します。

検査にかかる時間

胃や腸の形や位置は人によって大きく異なりますので検査時間には個人差があります。上部消化管検査(胃透視)では通常検査が始まると10分〜15分程度で終了します。 また下部消化管検査(注腸)検査は15分〜20分程度で終了する場合が多いですが、場合によっては長い時間かかる場合もあります。

検査の注意点

上部消化管検査(胃透視)では炭酸ガスを大量に飲んでいただきますので、ゲップ、咳等がしたくなりますが、良い検査のために我慢してください。下部消化管検査(注腸)ではカテーテル と呼ばれる管を肛門より数センチ挿入します。カテーテルから空気を入れるので「オナラ(ガス)」がしたくなりますが、我慢していただきますようお願いいたします。

上部消化管検査(胃透視)、下部消化管検査(注腸)ともに専用の検査着に着替えていただきますので、当日は着替えやすい服装でお越しください。

注意事項

  1. 検査台の上で身体の向きを換えていただきますので極端に体調の悪い方や意思疎通のむずかしい方はこの検査は不向きです。
  2. 心臓病・腎臓病・妊娠中または妊娠の可能性がある場合は必ず事前にお知らせください。
  3. 服用中のお薬がある場合は必ず医師にご相談ください。
  4. 検査中、万が一気分が悪くなった場合はすぐにお知らせください。

禁忌事項

  1. 消化管穿孔があると言われている方は禁忌です。

来院前

・胃透視

  1. 検査前日の夕食以降絶食にてお願いします。
  2. 当日は検査終了まで絶飲絶食でお願いします。

・注腸

  1. 注腸検査のための食事をお出しします。この食事以外は食べないでください。
  2. 水分は十分に取ってください。

検査前

・胃透視・注腸

  1. トイレを済ませてください。

検査中

・胃透視

  1. ゲップ、せき、くしゃみを我慢してください。

・注腸

  1. オナラを我慢してください。

検査後

・胃透視

  1. どんどんゲップを出してください。

・注腸

  1. どんどんオナラを出してください。

※造影剤(バリウム)を排泄させるため、水分(お茶、ジュース、水等)をいつもより多く飲んでください。水分摂取が少なかった 場合、バリウムが体内に残って腸が詰まる原因になります。

・筋肉注射(ブスコパン)をした方へ

  1. のどが渇いたり、物が見えにくくなったりする場合があります。
  2. ほとんどの方は1時間以内に回復しますが、しばらくお休みいただき、車の運転をなさる場合には十分ご注意ください。

参考文献
放射線検査説明に関するガイドライン;公益社団法人 日本診療放射線技師会

レントゲン室へ戻る