ホーム>当院について

佐久間病院について

佐久間病院は静岡県の北西端に所在し、愛知県、長野県の県境に接する浜松市天竜区佐久間町において、主に佐久間町・水窪町の住民に医療を提供している病院で、静岡県内に5ヶ所あるへき地医療拠点病院の一つです。

林野率96%のなかにあって、北遠医療圏唯一の公立医療機関として、前身である佐久間診療所が開設されて以来、半世紀にわたり地域の健康、保健、福祉に貢献し、一般外来はもちろん、診療所への職員派遣、訪問診療や往診、無医地区への巡回診療を行い、地域住民を包括的に診療行っています。

平成16年6月には新病院改築を期に高額医療機器の導入や眼科の開設、療養病床の設置など医療提供体制の整備を図り、立地的にも制約のあるなかで地域ニーズに基づいた医療サービスの提供に努めています。

院長あいさつ

院長

 佐久間病院は病気を治すことばかりではなく、住民の皆様の健康を守ることを目的とします。身近でいつでも利用でき、専門にとらわれず何でも相談できる体制の中、患者さんやご家族そして多様な専門職が協力して、それぞれが今できる最高のことを行えるように努力します。

佐久間病院の理念

“ここ”での健康で生きがいある暮らしを支え、いきいき長寿の郷を実現するため、生活者の視点に立つあたたかな医療を行います。

行動指針・患者さんの権利・職業理念についてはこちらから

病院概要

  1. 経営主体 浜松市  開設者 浜松市長
  2. 院長 三枝 智宏(専門科:内科、老年医学)
  3. 所在地 静岡県浜松市天竜区佐久間町中部18-5
  4. 病床数 60床(一般病床36床、療養病床20床(内8床介護保険療養病床)、感染症病床4床)
  5. 敷地面積 3897.01u
  6. 建築面積 2295.81u
  7. 延床面積 6516.91u
  8. 主体構造 鉄筋コンクリート造(階数:地上4階)
  9. 高さ 最高部18.035m、最高軒高17.385m

診療形態

  1. 標榜診療科 内科・小児科・外科・整形外科・眼科・精神科・リハビリテーション科
  2. 診療受付時間 午前 8:30〜11:00、 午後 1:30〜4:00
  3. 診療機能の特色 救急告示病院(昭和43年12月1日) 人間ドック(1日人間ドックのみ)
  4. 主用機器及び装置 再来受付及び案内表示システム
    ・院内物品管理システム
    ・全身用磁気共鳴断層撮影装置(MRI)
    ・全身用X線CTスキャナ装置
    ・CR一般撮影デジタル化
    ・自動手指消毒器(全病室)
    ・生化学自動分析装置及び検体検査総合システム
    ・電子カルテシステム
  5. 各種保険等指定
    ・保険医療機関
    ・労災保険指定病院
    ・生活保護法指定病院
    ・結核予防法指定病院
    ・戦傷病者特別援護法指定
    ・小児慢性特定疾患委託契約病院
    ・特定疾患委託契約病院
    ・被爆者指定医療機関
    ・労災保険二次健診等給付医療機関
    ・指定介護療養型医療施設
    ・短期入所療養介護
    ・救急告示病院
    ・へき地医療拠点病院
    ・第二種感染症指定医療機関
  6. 施設基準等の取得・算定状況
    一般(病棟) 13対1入院基本料、療養病棟入院基本料2
    看護補助加算3、入院時食事療養(1)、療養環境加算1
    療養病棟療養環境加算1、重症者等療養環境特別加算
    診療録管理体制加算、小児科外来診療料、褥瘡患者管理加算
    検体検査管理加算(1)、ニコチン依存症管理料
    単純CT撮影(マルチスライスCT)及び単純MRI撮影
    医下点数表第2章第10部手術の通則5及び6に揚げる手術の受理について
    救急医療管理加算
    特殊CT撮影及び特殊MRI撮影、180日を超える入院の実施報告
    脳血管疾患等リハビリテーション料V
    運動器リハビリテーション料U
    呼吸器リハビリテーション料U
    在宅療養支援病院2
    在宅時医学総合管理料
    在宅がん医療総合診療料
    救急搬送患者地域連携紹介加算
    救急搬送患者地域連携受入加算
    胃瘻造設術