ホーム>部門紹介>支援室

支援室

守下

支援室グループ長 守下 聖

支援室は開設15年目に入りました。地域のみなさまや、様々な医療・保健・福祉・介護に関わるスタッフとの連携(つながり)が私たちの強みです。これからも、ここにお住まいのみなさまはもちろん、離れてお住まいのご家族に向けても、心を込めてご支援いたします。どうぞ、心配ごとの小さなうちから、お気軽に支援室をご利用ください。

概要

相談受付時間

月曜日〜金曜日 8:30〜17:00

相談内容

  1. 通院・入院・在宅での療養上のこと
  2. セカンド・オピニオンのこと
  3. 介護のこと
  4. 療養病床のこと
  5. 介護保険や身体障害などの制度や施設のこと
  6. 医療費など、経済的なこと
  7. 病院への苦情、ご意見、お問い合わせ
  8. どこに相談したらよいかわからないことなど、何でもご相談ください

連絡方法

病院内1階支援室に直接おいでいただくか、職員にお声かけください。

スタッフ

支援G長  守下 聖   (もりした せい)(保健師)
    
どうぞお気軽にご相談ください。
面談でも、お電話でも、ご都合の良い方法をお選びください。
事前にご連絡いただければ、予約も可能です。電話番号は、053-965-1795《直通》です。

支援室の仕事

  1. 在宅医療(訪問看護)
  2. 佐久間病院の訪問看護は平成9年5月からスタート。“家”での看護の眼・介護の手は必須です。スタッフは外来業務と兼任で午後のみの活動ですが、ご本人・ご家族の安心を得るために日々走り回っています。

  3. 医療相談(病院間連携、病診連携、入院・退院支援など)
  4. 患者さんの要望や様々な相談に対応しています。病院間連携が重要とされる時代となり、佐久間病院支援室においても他の医療機関や施設との連携は着実に拡げられています。

  5. 保健医療福祉総合相談(地域連携)
  6. 佐久間町の保健・医療・福祉の合同会議は平成4年11月から始まりました。毎月2回、保健師、佐久間病院の医師・看護師、社会福祉協議会の介護士が集まって、在宅療養をしている方々の状況などについて検討を行なっています。日々の情報交換もスムーズにでき、どこよりも仲の良い「つながっている」関係が保たれていると感じています。

  7. 健康増進(ミニ講座、特定保健指導など)
  8. 平成17年度より医師や技師が講師となり、1講義・4か所(佐久間病院・浦川診療所・山香ふれあいセンター・城西ふれあいセンター)を回って1クールの健康講座を開催しています。(年間2〜3講義) 今後も“健康への関心・意識”を発していきたいと思います。