ホーム>部門紹介>医療技術グループ>検査室>体に接する検査

体に接する検査

見たい項目をクリックしてください。

 





  • 心電図

    1. 心臓の拍動によって発生する電気活動を記録して、不整脈・心臓の筋肉の厚さ・ 虚血性の疾患の有無などを調べます。
  • 負荷心電図

    1. 心臓に負荷をかけて、心電図に変化が起こるかを調べます。心臓の機能や虚血性心疾患の診断、不整脈の検出など、当院では2段の階段を昇り降りして負荷をかけるマスター法を採用しています。
  • 24時間ホルター心電図

       
    1. 24時間の心電図を記録して、不整脈・薬の効果・自覚症状と心電図の関係などを調べます。
  • 24時間血圧計

    1. 24時間の血圧を記録して、薬の効果・自覚症状と血圧の変化の関係などを調べます。
  • 超音波検査

    1. 肝臓・胆のう・すい臓・腎臓などの腹部だけでなく、心臓・頸動脈・甲状腺・前立腺など色々な臓器に超音波を当てて病気を見つけます。腫瘍やのう胞や石を見つけたり血流を見ることもできます。
  • 肺機能検査

    1. 息を吸ったり吐いたりしてもらい、その量や勢いなどから肺の機能の状態を調べます。一般に言われる肺活量だけでなく、気道が狭くなっているかどうかや肺の柔らかさについても併せて調べます。呼吸器疾患の重症度や、大きな手術の前に呼吸の機能をチェックするために行います。
  • 脳波検査

    1. 頭に小さな電極を付けて脳の電気活動を記録します。てんかん・ひきつけ後・脳炎などの診断などのために行います。
  • 末梢神経伝導検査

    1. 動きにくさ・脱力・痩せなどの運動障害や、感覚の鈍さ・しびれ・痛みなどの知覚障害の原因や障害部位や障害の程度などを調べます。
  • 聴力検査

    1. 高い音・低い音、それぞれが聞き取れる音の大きさの範囲を調べます。
←検査室の目次へ戻る