ホーム>部門紹介>医療技術グループ>検査室>血液以外の検体の検査

血液以外の検体の検査

見たい項目をクリックしてください。

 

  • 一般検査

    1. 尿・便・髄液・関節液・体腔液(腹水・胸水)などの検査をしています。
    2. 尿中の糖・蛋白などを分析したり、細胞を観察することによって、腎臓や膀胱などの病気の有無を調べます。
    3. 便の検査では、便中に血液が含まれるかを調べることにより消化管に出血の有無が分かります。大腸がんの早期発見に役立ちます。

  • 細菌検査

    1. 喀痰(咳など)・尿(膀胱炎など)・便(下痢など)・膿(化膿など)・血液(血流感染)などが検査の対象(検体)になります。
    2. 培 養:検体を細菌が好きな栄養を含んだ寒天に塗り、目に見えるくらいの集簇に育てます。
    3. 同 定:発育した細菌の名前を特定します。
    4. 感受性:発育した細菌に良く効く薬や全く効かない薬を調べます。
    5. この結果を参考に最も有効とされる飲み薬や点滴が処方されます。

    大腸菌の集簇

    白血球が細菌を
    食べたところ

    ブドウ球菌(青)
    大腸菌(赤)

    結核菌(赤)

  • 病理・細胞診検査

    1. 病 理:手術や内視鏡で得られた細胞や組織を、肉眼的・顕微鏡的に観察して、病気の診断を行います。
    2. 細胞診:尿・喀痰・婦人科擦過材料・体腔液(腹水や胸水)・乳腺や甲状腺などの穿刺針生検の細胞を顕微鏡的に観察して、病気の診断をします。
    3. 病理検査は検査センターに委託していますが、細胞診検査は院内で実施しています。

    細胞診(膀胱癌)

    病理診断(胃癌)

←検査室の目次へ戻る