ホーム>部門紹介>医療技術グループ>検査室>血液検体の検査

血液検体の検査

見たい項目をクリックしてください。

 

  • 生化学検査

    1. 血液を遠心分離し、赤血球・白血球などの細胞成分と液体成分(血清)に分けます。
    2. この血清中に含まれる様々な酵素や代謝産物を測定します。
    3. 主に肝臓・胆道・腎臓・すい臓の機能や疾患の検査や糖・脂質代謝の検査をしています。
  • 血液学検査

    1. 血球算定は、血液中の赤血球・白血球・血小板の数や大きさを測定します。
    2. これにより炎症や貧血や白血病などの病態がわかります。
    3. 血液凝固検査は、血液の固まりやすさに関する情報が得られ、出血・止血・心疾患などの治療に役立ちます。
    4. 骨髄検査は、胸骨などの骨の中の骨髄を採取し、貧血や白血病などの精査をすることができます。

  • 免疫学検査

       
    1. ウィルスや細菌による感染症で出現する抗体を測定したり、各種の癌により特異的に産生される物質を測定するとこにより、病態の情報を提供しています。
  • 輸血検査

       
    1. 血液型検査:赤血球の型抗原(オモテ検査)にはAとBがあり、血清中の抗体(ウラ検査)には抗Aと抗Bがあり、Rhは(+)と(−)があります。各々を検査して血液型を判定します。
    2. 交差適合試験:血液センターから供給された血液製剤と患者様の血液を用いて適合しているかを判定します。輸血の副作用を防止する目的で行われます。

  • 血液ガス分析

    1. 血液中の酸素や二酸化炭素の量とphを測定し、間接的に体内の酸・塩基平衡を知ることができます。
←検査室の目次へ戻る