ホーム>当院について>佐久間病院の特色

地域医療の展開

1.プライマリケアの実践

診療圏内では医療機関が少なく、プライマリケアの多くを佐久間病院が担当しています。診療科に関わらず、総合的な全人的医療を目指しています。

広い地域をカバーするため、2か所の附属診療所で地区ごとのニーズに合わせた診療を行っています。

2.へき地医療の確保

静岡県からへき地医療拠点病院の指定を受け、無医地区巡回診療を行っています。

3.特徴的な救急医療

総合医療の一環として、全ての医師がどんな患者さんでも受け入れることのできる体制をとっています。

高度医療を要する疾患に対しては、病病連携のなかで病院間転送の可否を速やかに決定。ドクターヘリ運行不能時も、重症搬送の際には医師が同乗します。

地域包括ケアの推進

1.慢性期医療

通院困難な方に対し、積極的に在宅医療(往診、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリテーション)を行っています。

地域リハビリテーション支援センターの指定を受け、急性期ばかりでなく維持期のリハビリテーションに取り組むほか、地域講演会など、啓発を行っています。

2.保健活動、介護福祉活動

介護担当者や保険事業担当者と協同でケアカンファレンスを開催し、職種間のネットワークを形成し、統一した認識の下でケアにあたっています。

浜松市保健師と協同で健康課題を検討し、保健活動、介護予防活動を行っています。

特別養護老人ホーム『さくまの里』の嘱託医として、入居者の健康管理やケアの助言を行っています。