ホーム>部門紹介>看護部

看護部

看護師長 前野 英子

看護師長

地域で唯一の公立病院である当院の看護部は、地域の病院として地域住民の健康を包括的に見守り“あたたかな看護”を提供することを理念に掲げ、患者さんやご家族から信頼され喜ばれる看護をめざし日々努めております。専門職として、知識と技術を身につけることだけでなく、人として成長することができる教育体制を目指しております。看護は新人であっても、ベテランであっても相手へのこころ遣いや相手の立場に立とうとする気持ちが大切だと思います。私たちが目指す看護を提供するために、看護職員一人一人が「何ができるか、何をしなければならないか、これで良いのか」等、常に自身に問いかけながら、看護ケアを実践してことが必要と考えます。疾病や障害があっても住み慣れた町で暮らしたいという方に、笑顔で寄り添い看護していく看護師の仲間作りと、職員が看護することに誇りを持ち、いきいきとやりがいを感じることのできる看護部をめざし取り組みます。

看護部の理念

思いやりの心と誠意ある行動で人々と接し、希望と安らぎを引き出すあたたかな看護を行います。

基本方針

1「患者さんの心身の健康を護る」患者本位の看護を行います。

2患者さんの意思を尊重し、出来る限り住み慣れた家、地域で安心して生活できるよう援助します。

3地域活動に積極的に取り組み、保健・福祉と共に住民に対するサービスを提供していきます。

外来

外来グループ長 坂本 みどり

前野

 外来は、看護師6名(正規職員5名、臨時職員1名)看護補助・受付事務職員7名で毎日の業務を担当しています。
内科・小児科・外科・整形外科・リハビリテーション科・眼科・精神科の7つの診療科に加え、2つの付属診療所での診察、無医地区への巡回診療、往診、訪問診療 、訪問看護、日帰りドック、特定健診、がん検診、個人健診、事業所健診、乳幼児健診等の健診事業予防接種等の業務を担っています。

看護師数は十分とは言えず忙しい毎日ですが、乳幼児から高齢者まで多岐にわたる疾患の患者さんに接することで、幅広い看護を提供しています。

緑に囲まれた田舎で人間性豊かに生きがいを持って生活する患者さんやその家族と出会い看護することで、とても温かい"心"に触れ、スタッフ自身も穏やかで 充実した日々を送ることができ、仕事に対しても大きなやりがいを感じています。

 これからも地域の病院として、地域の方々が健康で安心して生きがいある暮らしを続けていくことができるよう援助していきたいと思っています。

北病棟

北病棟グループ長 大國護 洋子

大國護

 佐久間病院の一般病棟はベッド数40床。看護師19名、看護助士4名で運営されています。

 入院される患者さんには、地域がら、いろいろな病気を併せ持った高齢の方が多いという特色があります。内科、外科、急性期、慢性期、終末期まで、多様な疾患や状況にある患者さんへ、看護を実践しています。行われる看護技術も多種にわたり、看護師として多くの経験を積むことができると思います。そして、地元で暮らす方々の生活を支えるため、地域医療にも力を入れています。近隣の特別養護老人ホームやケアマネージャーさんと関わりなど、在宅、医療連携の現場を体験することができます。
 看護スタッフには、経験豊かなベテランが多く、いつでも頼り安心して働くことができます。

 スタッフ一同、これからも患者さんやご家族の思いに寄り添いながら、優しくあたたかな看護を提供していきたいと考えています。

南病棟

南病棟グループ長 藤山 茂子

藤山

 平成16年に新病棟として開設された医療型12床介護型8床 計20床の病棟です。早番・遅番を含む日勤と、看護師と看護助手の2名で夜勤を行う、二交代制の勤務で、看護師8名看護助手8名の16人体制で20人の患者さんのお世話をしています。

 ショートステイ利用もあり、一般病棟から安定期に入りリハビリの時期になった患者さんや、高齢者の一人暮らしの方、老々介護の患者さんで自宅での生活が困難な方が施設入所を待ちながら利用されています。

 当病棟では寝たきりにさせない、患者さんと家族に満足していただける看護介護を目指しています。車いすに乗る時間やレクリエーション時間を増やし他の患者さんや職員との触れ合いで療養生活に変化が持てるように、春は花見・秋は敬老会、クリスマス会、新年会などと季節ごとの行事を開催しています。病院前の道路沿いの桜はとてもきれいで毎年好評です。

 私たちスタッフ一同皆様に信頼され利用して頂き喜ばれる看護ケアを実践する為、
『社会復帰・家庭復帰を目指した看護・介護』を目標に日々努力しています。