ホーム>部門紹介>薬局

薬局

矢所

薬剤師 矢所 晴美

佐久間病院では、平成26年4月より、外来処方は全て、院外処方へと切り替わりました。
 おくすりの必要な患者さんは、会計時、院外処方せんを受けとっていただき、それを持って、院外の薬局へ、おくすりを受けとりに行っていただきます。
 今現在、外来の患者さんたちのおくすりをつくらなくなった、私たち薬局スタッフは、主に、入院の患者さんたちの服薬のお手伝いをしていますが、薬局内には、必ずスタッフの誰かが待機していますので、おくすりのことで、聞きたいことなどございましたら、お気軽に、お声をかけて下さい。

基本方針

  1. 患者さん中心の良質で安全な薬物療法を支援します。
  2. 根拠に基づいた適切な医薬品情報をお知らせします。
  3. よりよい医療を目指し技術と知識の向上に努めます。
  4. 医薬品の適正管理を通じ、健全な運営に寄与します。

基本業務

処方調剤業務

入院調剤

定期服用のおくすりは、週に一度処方日を設定し、それに合わせて調剤を行います。
調剤後は、患者様毎、服用時点別にセットします。
分包紙には、氏名、用法、服用日を印字し、わかりやすくします。

外来調剤

一般外来患者様には、院外処方箋を発行するため、訪問診療、巡回診療の方に限定して、調剤を行います。

注射調剤業務

注射オーダーに基づき、入院患者様毎に、使用日前日にセットし、病棟に受け渡します。
高カロリー輸液については、薬局のクリーンベンチ内で調製します。

服薬指導業務

 患者様入院時に、持参薬の確認を行うとともに、必要な情報を収集、医療スタッフに提供します。また、医師の持参薬継続指示を受けての、処方代行入力も行っています。
 退院時には、患者様に退院処方薬をお渡しする時に、お薬の内容、服用方法などについて、解りやすい指導をするよう心掛けます。

医薬品在庫管理業務

薬品庫の薬剤は、全て在庫管理システムを使って管理され、出庫時にバーコードを読み取ることによって、発注リストがあがる仕組みになっています。
ふたつの付属の診療所で使用する薬剤もすべて、購入管理しています。

薬剤情報管理業務

処方調剤や注射調剤時に、相互作用、重複投与の確認を行います。
また、薬剤に関するあらゆる問い合わせに対し、情報収集に努め、業務に還元されやすい形で、医療スタッフに提供します。